2011.04.29
藤田誠司からのメッセージ8号

 

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

いつもありがとうございます。

 

私自身の経験から

どんな時も、人生を変えてしまうのは

「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

行動を起こすことが如何に重要かは前回お伝えしました。

 

連休に入りましたが行動予定はキチンと出来ていますか?

 

普段バタバタと駆け巡っているから

この休みの間にゆっくりと体調を整える

 

 

家族と有意義なことをしてコミュニケーションをとる...

 

戦略、計画を見直しキチンとやるべき事をやる...

 

等々、自分で決めたことの行動を起こすことが大事なことです。

 

 

ところで、あなたの心の中に「野心」はありますか?

 

 

あなたの中でくすぶっている「野心」です。

 

「そんなのないよ!」と言われるかもしれません。

 

実は「野心」という言葉を

『可能性』という言葉に置き換えてはどうでしょう。

 

心の中にある全ての『可能性』が表面に出るのを待っているとしたら...

 

日々適当な生活を送り

時間や他人の意見に流され

良い人間関係も築けず...

 

自分で気づかないうちに成り行き任せにしているとしたら...

 

そんな生活をしていると

たぶん、一日の終わりには失望感しか残らないでしょう。

 

だけど、もしも何かを始めたとしたら

必ず自尊心が満たされて

結果的に成功を達成するでしょう。

 

というか

あなたの人生において重要なものの一つ

【自信】というものを養うことになります。

 

今まで売れずに頭を抱えていた人が

ついに売上を上げたら

「やった!一回売れたからまた売れるはず!」と。

 

その調子で10倍の売り上げを達成した頃には

「もしかしたらこの業界でナンバーワンになれるかもしれない...」

と思うかもしれません。

 

そうなんです。

 

こういうことの全てが

あなたの野心(可能性)を目覚めさせているのです。

 

ただ、昨日もお伝えしたように

自分に関するルールを決めなければなりません。

 

これを決めない限り可能性が拡がることはないのです。

 

とにかく

何か小さなことでも良いので始めてみることです。

 

例えば簡単なことから始めるのです。

 

前向きな電話を一日3回電話をするとか。

 

一日3回だと一年では1,000回にもなります。

 

わずか3回なのに一年で1,000回です!

 

前向きな電話を1,000回だと

あなたの人生で何が起きるのでしょうか?

 

もしかすると驚異的なことが起きるかもしれませんよね?

 

しかし私は

「簡単に出来ること程、なかなか出来ない」と教えています。

 

たった3回前向きな電話をかけるだけなのに?

 

そうです!

 

こんな簡単なことなのにイザ実行するのは難しいのです。

 

努力するよりも

「楽して結果が出たら良いなあ...」と思う方が簡単だからです。

 

 

では行動するのに何が必要なのでしょうか?

 

「強力な理由を持つとパワーが出る!」のです。

 

このあたりはまた次回にお伝えします。

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月29日 09:35

コメントする