2011.05.25
藤田誠司からのメッセージ33号
『愛と感動の中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

いつもありがとうございます。

私自身の経験から
どんな時も、人生を変えてしまうのは
「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく
「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ
成功するリーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。


前回
【独自性の無い会社な絶対に存在しない】ということをお伝えしました。

あなたの会社のお客さんは
【なぜよその会社ではなく、あなたの会社を選んでいるのでしょうか?】

それは
【そのお客さんにとって何か得することがあなたの会社に存在するから】なのです。

【あなたの会社を選んだ理由がそこに存在した証拠】なのです。

大事なことなのでもう一度言います。

【独自性の無い会社な絶対に存在しない】のです。

どんな会社でも
必ず自分の会社だけの"強み"を持っています。

しかし、それに気づいていない経営者が殆どなのです。

あるいは、本当の強みは別にあるのに
「自社の強みはこれに違いない」と
全く的外れのことを勝手に思い込んでいたりするのです。

エッ?そんなことない?

じゃあ聞きますが
あなたは自分の強みがわかりますか?

または
「自分の強みはこれに違いない」と思いこんでいませんか?


実を言うと私自身がそうでした・・・

私に依頼されているのは
良い仕事をするからだと思い込んでいたのです。

でも実際に「なんでウチだったんですか?」と聞いたところ
「まぁアンタは見た目悪いけど
どうしたら勝てる経営が出来るのか本気で考えてるやろ?

コンサルの数は多いし
皆良さそうだけど誰が良いのかわからん...

けどアンタは実際に会って話したら親近感沸くし
本気で志があるみたいだし
ウチのこと真剣に考えてくれてるみたいだったから・・・」

・・・ガーン!

これまで時間とお金を使って学んだことより
実際にお客さんの心が動くのは
やっぱり志の問題と
「どれだけお客さんのことを真剣に考えているか?」
ということだったのです。


偉そうにノウハウ語っても意味がない・・・

ショックでした。

けどココから割り切りました!

「本気でやるしかない!」と。

そう考えたらスキルも磨く意味が変わりました。

中身も外見も頭も磨いています。笑

もしあなたが自分の会社の強みを活かせずに迷っているなら
お手伝いさせてください!

どんな会社にも必ず"強み"も"独自性"もあります!

"ほんの少しの小さな強み"も
大きな飛躍の突破口になります。


強みを伸ばして社会に良い影響を与えてください。

それがあなたの社会的使命ですから。


藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年5月25日 07:13

コメントする