2011.04.30
藤田誠司からのメッセージ9号

 

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

私自身の経験から

 

どんな時も、人生を変えてしまうのは

 

「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

 

「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

 

リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

 

 

「強力な理由を持つとパワーが出る!」

 

ということを前回お伝えしました。

 

 

理由を持つことは重要だということです。

 

 

 

たとえば、仕事をする時も

 

遊ぶ時でも必ず理由があれば人は動きます。

 

 

そんなことない?

 

 

 

その証拠に

 

何か頼まれ事をされた時に

 

自分がしたくないことだったとしたら・・・?

 

 

嫌々やりますよね。

 

やってから、あるいはやりながら文句が出るでしょう?

 

 

理由を持つことは重要です。

 

 

理由があれば仕事をすることも出来ますし

 

達成することも出来ます。

 

 

納得する理由、納得する目的、納得する目標

 

人生で達成したいと思う理由さえあれば

 

どんなに困難でも必要だと思うことは

 

必ずやり遂げるでしょう。

 

 

 

私が朝早いのは仲間は知っています。

 

 

今頃の季節は良いのですが

 

冬場や、前日が1時過ぎての帰宅ぐらいになると

 

いくら朝5時起きペースで慣れているといえども

 

正直苦痛になる時があります。

 

 

 

特にやることも無い休日の朝は

 

このまま寝ていたい...と思う時があります。

 

 

 

起きるに値する十分な理由が無いから

 

やる気が出ないんです...

 

 

ウチの愛犬が毎朝5時起きだから

 

一緒に起きて世話をするのですが...

 

 

これもじゅうぶんな理由になるのですが

 

だから理由をドンドン増やしていくことが重要です。

 

 

ただ自分にとって何が重要なのか?

 

常に新しい理由をつけなければなりません。

 

 

「家族の為に何者にもブチ壊されない経済的な壁を築くこと」

 

これも重要な理由です。

 

「そうは言っても理由ねぇ...」と思いましたか?

 

では経営者として何が必要なのか?

 

次の質問に対する答えも全て理由になります。

 

「あなたはどこに行きたいのですか?」

 

「あなたは誰に逢いたいのですか?」

 

「今年はどんなスキルを身につけたいですか?」

 

「あなたはどれぐらい稼ぎたいですか?」

 

「あなたは誰とどんな生活をしたいですか?」

 

「あなたは誰になんと言って貰いたいですか?」

 

 

これら以外にも質問はありますが

 

取りあえず答えて下さい。

 

 

つまり、スキル、ビジネス、経済的余裕

 

あるいは善意の人になるために

 

出来ないことなど一つも無いということに気づいて下さい。

 

 

ソフトバンクの孫さんが

 

100億円を寄付しましたね。

 

 

批評は別にして

 

あなたが100億円をポンと

 

寄付出来るようになったらスゴイと思いませんか?

 

 

正直私はスゴイ!と思いました。

 

 

彼の個人資産は3700億円ですから

 

100億円といってもわずか1/37です。

 

それにしてもかなりの金額です。

 

 

 

例えばあなたが

 

「よし!1億円寄付してやろう!」と

 

夢や目標を持ちヤル気に火がついたら...

 

 

まず、行動を引き起こすような目標を持つことが必要です。

 

 

最初から多くの理由はいりません。

 

そこから徐々に増やしていけば良いのです。

 

経営者として「儲けたい!」と思うのは当然のことです。

 

「生活の為」

 

「生きる為」にはお金は必要です。

 

 

夢やビジョンを描くことも

 

目標を設定することも

 

何か簡単なことから始めることです。

 

 

そうそう、理由と言えば

 

自分自身の経験から言うと

 

必要性や「逃げたい」と思う

 

苦しみから生まれるものも多いのです。

 

 

 

では具体的に目標は

 

どのように設定すれば良いのでしょうか?

 

 

頭の中で考えるだけで良いのでしょうか?

 

 

それともよく言われるように

 

紙に書き出す方が良いのでしょうか?

 

このあたりはまた次回にお伝えします。

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月30日 09:35
2011.04.29
藤田誠司からのメッセージ8号

 

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

いつもありがとうございます。

 

私自身の経験から

どんな時も、人生を変えてしまうのは

「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

行動を起こすことが如何に重要かは前回お伝えしました。

 

連休に入りましたが行動予定はキチンと出来ていますか?

 

普段バタバタと駆け巡っているから

この休みの間にゆっくりと体調を整える

 

 

家族と有意義なことをしてコミュニケーションをとる...

 

戦略、計画を見直しキチンとやるべき事をやる...

 

等々、自分で決めたことの行動を起こすことが大事なことです。

 

 

ところで、あなたの心の中に「野心」はありますか?

 

 

あなたの中でくすぶっている「野心」です。

 

「そんなのないよ!」と言われるかもしれません。

 

実は「野心」という言葉を

『可能性』という言葉に置き換えてはどうでしょう。

 

心の中にある全ての『可能性』が表面に出るのを待っているとしたら...

 

日々適当な生活を送り

時間や他人の意見に流され

良い人間関係も築けず...

 

自分で気づかないうちに成り行き任せにしているとしたら...

 

そんな生活をしていると

たぶん、一日の終わりには失望感しか残らないでしょう。

 

だけど、もしも何かを始めたとしたら

必ず自尊心が満たされて

結果的に成功を達成するでしょう。

 

というか

あなたの人生において重要なものの一つ

【自信】というものを養うことになります。

 

今まで売れずに頭を抱えていた人が

ついに売上を上げたら

「やった!一回売れたからまた売れるはず!」と。

 

その調子で10倍の売り上げを達成した頃には

「もしかしたらこの業界でナンバーワンになれるかもしれない...」

と思うかもしれません。

 

そうなんです。

 

こういうことの全てが

あなたの野心(可能性)を目覚めさせているのです。

 

ただ、昨日もお伝えしたように

自分に関するルールを決めなければなりません。

 

これを決めない限り可能性が拡がることはないのです。

 

とにかく

何か小さなことでも良いので始めてみることです。

 

例えば簡単なことから始めるのです。

 

前向きな電話を一日3回電話をするとか。

 

一日3回だと一年では1,000回にもなります。

 

わずか3回なのに一年で1,000回です!

 

前向きな電話を1,000回だと

あなたの人生で何が起きるのでしょうか?

 

もしかすると驚異的なことが起きるかもしれませんよね?

 

しかし私は

「簡単に出来ること程、なかなか出来ない」と教えています。

 

たった3回前向きな電話をかけるだけなのに?

 

そうです!

 

こんな簡単なことなのにイザ実行するのは難しいのです。

 

努力するよりも

「楽して結果が出たら良いなあ...」と思う方が簡単だからです。

 

 

では行動するのに何が必要なのでしょうか?

 

「強力な理由を持つとパワーが出る!」のです。

 

このあたりはまた次回にお伝えします。

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月29日 09:35
2011.04.28
藤田誠司からのメッセージ7号

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

 いつもありがとうございます。

 

私自身の経験から

どんな時も、人生を変えてしまうのは

 「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

 「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

 リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

前回は虫歯と同じで今、治療をしなければ

後でとんでもなく高いものにつくとお伝えしました。

 

毎日歯磨きをすれば

虫歯の予防になったかもしれません。

 

でも、そんな些細なことを怠ったから

結果として虫歯になったのです。

 

 

どんなに些細なことからでもかまいません。

 

最初から大きな行動を起こす必要などありません。

 

何か小さな行動を起こすことから始めれば良いのです。

 

ただ、「○○だけは必ずやる」というルールを決めれば良いのです。

 

一度に全てのことを改革する必要はありません。

 

ただ始めるだけで良いのです。

 

ただ自分にこう言い聞かせてください。

 

「二度と元に戻らない!」と。

 

私のクライアントさんは

なぜ成果が出るのか?

 

言葉は失礼ですが

そんなに大したことはありません!

 

ですが小さなことをやっていたら

本当は手にすべきものを手放してしまっていただけなのです。

 

 

 

つまり「取り戻している」のです。

 

手にすべき報酬を...

 

でも、私との面談でビックリします。

 

「エッ!そんなこと出来るんですか?」と。

 

別に大改革を行う必要はありませんし

 

いくつかの簡単なことを繰り返しやっていただくだけです。

 

全員がこれを理解してからは目の色が違います。

 

 

「面白い!」と口を揃えて言います。

 

本当は手にすべきものを取り戻す...

 

 

今から1年後、あなたはこれまでの平凡な人間とは

とても似つかない人物になっているかもしれません。

 

その為には、自分に関するルールを決めるのです。

 

もちろん一晩で全ては変わりません。

 

ですが、考え方や哲学や行動を変えることでそれらは可能になります。

 

新しいルールを持って今すぐやってほしいのです。

 

起こした行動によって

「世の中が」報酬をくれるのです。

 

 

 

このあたりはまた次回にお伝えします。

 

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月28日 09:34
2011.04.27
藤田誠司からのメッセージ6号

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

いつもありがとうございます。

 

私自身の経験から

どんな時も、人生を変えてしまうのは

「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

 

「よし!今日から人生を良くするために仕事の取り組みを変えよう!」

 

と決意されたかもしれません。

 

何かを始めるには必ず情熱が必要というわけではありません。

 

 

「情熱」ではなく『必要性』があれば良いというお話を昨日しましたね。

 

 

経営者には、会社の色々な活動を動かす長期戦略がなければなりません。

 

 

見込み客や消費者の動向をつかみ必要性のあるものを買っていただく。

 

 

そして気に入って頂けたら繰り返し買っていただく...

 

 

それでまた誰かを紹介して貰ったりしてお客様の数を増やしていく...

 

単純なことです。

 

 

「何のために経営をしているのですか?」とか

 

「何のために働いているのですか?」と質問すると

 

大多数の方が

 

「お金のためです」

 

「生活のためです」と答えます。

 

 

 

つまり最初に考えるのは

 

「生き残りたい」

 

「なんとか暮らしていきたい」という情熱です。

 

 

とりあえず見つけた仕事から

 

成功への道をスタートさせるんです。

 

 

 

たとえそれが気に入らない仕事だったとしても...

 

あなたが現在やっている仕事を好きになる必要はありません。

 

その仕事を始めるキッカケとなったチャンスを大事にしたら良いのです。

 

 

 

というのも

 

スタートした場所から

 

つまり、今から1年後、5年後、10年後に

 

自分が行き着く場所であるとは限らないからです。

 

 

 

だから情熱を傾けられるような何かを見つけることは

 

それほど重要ではないのです。

 

 

もしも、勉強し、成長して

 

セミナーや講義を聞いたり

 

読書して学んだり

 

夜遅くまで働いたりして

 

自分自身の心の中にある良い意味での"野心"に火が付いたら

 

それによって起きる変化は劇的なものになるかもしれません。

 

 

もし、あなたがどこか空しくて

 

「なんとかしたい」と思いながらも

 

手を打たずに気づいたら夜が来て

 

また朝が来て...

 

昨日までの自分と同じような状態だとすれば

 

どうなると思いますか?

 

 

例えば虫歯になったとします...

 

歯医者さんに行って

 

「今なら3万円で治療できますが

 

 このままほったらかしだとやがて30万円はかかりますよ」

 

と言われたら?

 

虫歯は勝手に治ったりはしませんよね?

 

治療しなければ治らないのです。

 

 

あなたがどんなに一生懸命

 

「どうか消えてしまいますように」と祈っても無駄です。

 

治療することの必要性はわかっているはずです。

 

これがルールなのです。

 

 

 

もし、虫歯と一緒で

 

あなたの経済状態に治療が必要なら

 

栄養状態が悪いのかもしれません。

 

 

 

学習、成績、活力、意思決定等の栄養素が悪いから

 

治療が必要なのかもしれません。

 

 

このあたりはまた次回にお伝えします。
藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月27日 09:33
2011.04.26
藤田誠司からのメッセージ5号

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

 いつもありがとうございます。

 

私自身の経験から

どんな時も、人生を変えてしまうのは

「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

 

今朝もうちのお店に通ってくれているお客様とお話をしました。

 

年配の女性ですが

非常に温かい雰囲気の持ち主で

その方が持っている本を貸していただきました。

 

幸せになるヒントを得れそうな内容の本です。

 

 

パラパラとめくりましたが

やはりこれからの時代に求められている価値観の重要性を感じます。

 

 

良い価値観持っていないと

成功への道の計画を立てる時点で大きく変わってしまいます。

 

世の中には、他人に支配される人生に身を任せている人が

大勢いるのを気づいていますか?

 

 

他の誰かに責任を押し付け

愚痴や、嫌味を言ってストレスを発散させようとする...

 

いませんか?

 

アナタの周りにそんな人...笑

 

ただ、気づいていないのですが

殆どの方々が

人生の主導権を他人に握られているのです。

 

 

ではどうすれば

自分自身の人生に主導権を握れるのでしょうか?

 

 

今よりも高い位置に自分を置くことができるのでしょうか?

 

↑ ↑ ↑

 

まずは、こう考えることがまず必要なのです。

 

 

「どうせ仕方ない...」

 

「私なんか...」

 

と傍観するだけでは

大事な人生を他人に支配されてしまいます。

 

自分の人生をキチンと計画しなければ

他人の計画の中に埋め込まれてしまうのです。

 

・・・意味わかります?

 

 

例えば、アナタが経営者で

人を雇う立場の人間だったとします。

 

 

 

当然、事業計画を立てるでしょうし

 

その場合に

 

「社員を雇って...」とか

 

「お客を○○人獲得する!」とか

 

計画の中に埋めて行くと思います。

 

 

 

当たり前の話ですが

 

逆に考えてみると

 

計画を立てた場合

 

人を相手にしていますから

 

どうしても言葉は悪くなりますが

 

雇ったり、買わせたりと支配する側になります。

 

 

 

あなたが社員だったり

 

お客さんだったりした場合に

 

つまり自分の人生を他人に支配されているということになるのです。

 

 

 

あっ、誤解しないでくださいね。

 

 

全ての経営者が悪い考えで支配している

 

ということはありませんから。

 

 

 

また経営者だったとしても

 

殆どの方がキチンと計画を立てて

 

自分の人生で成功への道を歩んでいるということはありませんから。

 

 

 

では、いったいどんな計画を立てれば良いのでしょうか?

 

 

情熱があって

 

どこに行くべきか?

 

何から始めたら良いのかわからない場合は?

 

どうすれば良いのでしょうか?

 

 

「情熱も無いし、こんな生活だし、収入は少ないし...

 

 自分が何から始めたら良いのかわからない...」

 

と、頭を抱えているかもしれません。

 

 

大丈夫です!

 

何かを始めるには必ず情熱が必要というわけではありません。

 

「情熱」ではなく『必要性』があれば良いのです。

 

 

良かったですね()

 

 

このあたりはまた次回に詳しくお伝えします。

 

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月26日 09:27
2011.04.25
藤田誠司からのメッセージ4号

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

 いつもありがとうございます。

 

 

先日、私が所属する香川県中小企業家同友会の

【経営指針を創る会】の合宿に参加しました。

 

真剣に話を聞く受講生達に

 

生意気にも色々と助言をしてきました。

 

私自身の経験から

 

どんな時も、人生を変えてしまうのは

 

「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

 

「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

 

リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

受講生達も厳しい現実を

「なんとか変えたい!」との必死の思いが伝わってきました。

 

 

 

では、先日の続きの

 

『現状を変えるにはどうすれば良いのか...』について考えてみましょう。

 

 

現状にがんじがらめになっていて

途方に暮れているとするならどうすれば良いのでしょうか?

 

自分自身も満足出来て

周りのひとも満足できる考え方は

どうやって組み立てれば良いのでしょうか?

 

 

まずは簡単なことから始めれば良いのです。

 

いろんな人に聞いてみてください。

 

「余裕がある収入を得る為に

 今、どんな考え方でそれに取り組んでいますか?」と。

 

 

ほとんどの相手がこう答えるでしょう...

 

「はぁ?そんなことわからない。」と。

 

 

お金に関するしっかりした考え方をもち

 

新しい自分のルールを決めて

 

自分自身を変えなければ

 

経済的に余裕を持つことは困難でしょう。

 

 

 

アナタに質問です・・・

 

余裕がある収入を得る為に

今、どんな考え方でそれに取り組んでいますか?

 

 

幸運を祈って運を天に任せて

 

悪くなったらその時になんとか出来れば良いですか?

 

 

 

答えは「NO!」ですね。

 

そうなる前に学ばないといけませんよね。

 

 

もし私がアナタに

 

間違った判断や

 

お金に関する考え方

 

精神的なものに関する考え方

 

良い人間関係の考え方

 

これらを修正することを支援出来たら

 

そこからアナタが成功への道を歩み始めれるとしたら

 

これほど嬉しいことはありません!

 

 

 

人は自分が向かう方向に進み

 

自分が考える方向に向かうものです。

 

 

だからじっくりと考えなければなりません。

 

 

「自分の価値観とは?」

 

「良いと思うことは?」

 

「悪いと思うことは?」

 

「ベストの方法は?」

 

「より良い人生とは?」

 

これらは非常に大事なことなんです。

 

 

「そっか!大事なことなんだ」と気づいても

 

「まぁ時間があったら...」とか

 

「明日で良いか...」と思ってあとに伸ばしてしまうのです。

 

 

人はたいてい安易なものを選びます。

 

 

 

アナタが今

 

ベストな人生を歩んでいないとするなら

 

それは安易なモノを選んできた過去の自分の責任です。

 

 

5年後、いや1年後に結果を出したかったら

 

今スグしっかりと考えて欲しいのです。

 

 

 

それが出来たら

 

次は『ベストな人生の計画の立て方』です。

 

 

 

これらは次回お話しましょう...

 

 

まず、アナタにやっていただきたいこと。

 

今日のメルマガを読んで

 

「自分の価値観とは?」

 

「良いと思うことは?」

 

「悪いと思うことは?」

 

「ベストの方法は?」

 

「より良い人生とは?」

 

というものについて改めて考えて欲しいのです。

 

 

ただ、読むだけではなく

 

確実に日々の経営において

 

実践していただきたいのです。

 

 

そこには「愛」と「行動」で積み重なったもので

 

人生を楽しんで頂きたいのです。

 

 

あなたの人生が最高傑作となることを心から祈っています。

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月25日 09:26
2011.04.22
藤田誠司からのメッセージ3号

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

 いつもありがとうございます。

 

では、昨日の続きの『成功するための戦略』について考えてみましょう。

 

成功したかったら様々な戦略を立てなければなりません。

 

まずは自分自身を磨くことが何よりも先決です。

 

自分の態度、人格、性格、評判...

 

これらを磨くとはどういうことでしょう?

 

 

自分が成功者にふさわしい人間になるということですね。

 

スキルの修得は後でも良いのです。

 

営業スキル、マネジメントスキル、リーダーシップスキル...

これらのスキルは確かに必要ですが

まず何よりも人格が問題だと思うのです。

 

考えてみてください。

 

アナタは嫌なひとからモノを買いたいと思いますか?

 

そう、売っている人を「信用している」から買うのですよね。

 

私自身に当てはめてみると

スキルを磨いていた頃は妙に伸び悩んでいました...

 

でも単純に自分自身を磨くことで成長出来ていきました。

 

これらは『自分自身に取り組む』ということ。

 

普通は「仕事」に取り組むのですが

「自分自身」に取り組む方が早いのです。

 

自分に問いかけてみてください。

 

「自分は今の2倍、4倍、10倍の収入にふさわしい人間だろうか?」と...

 

 

「いや、それほどの人間ではない...」

 

と思ったら次にこう言い聞かせてください。

 

「そんな収入を自分に払ってくれる人間なんかいない」と。

 

 

なぜか?

 

ハッキリと自覚する必要があるからです。

 

「今はそんな人はどこにもいない」

 

「そんなうまい話はない」と。

 

「いや!ある!」と思ったかもしれません。

 

けど現実を見て下さい。

 

非常に残念ですが

今のアナタが得ている収入が事実だということを。

 

だけど安心して下さい。

 

「自分自身に取り組む」ということはスグにでも出来ます。

 

自分の態度、考え方、言葉、スキルの修得に取り組むこと...

 

これらは、明日から、いや、今からでも可能ですよね?

 

そうすれば良い仕事や人を引き付けて

収入を得ることが出来るでしょう。

 

つまり考え方を変えるということです。

 

内面を変えることで外面が変わります。

 

人は通常、内面を変えようとせずに

外面ばかりを変えようと一生懸命です。

 

全ては考え方を変えることから始まります。

 

判断を間違うと

本来手にするはずだった収入さえも逃してしまいますし

望んでいた人生さえ破滅の方向に向かってしまうこともあります。

 

収入を2倍、4倍、10倍に増やすためには

ただ単に「もっとお金が欲しい!」と思うだけではダメなんです。

 

自分自身に言い聞かせることが重要です。

 

 

「自分は考え方を修正しなくてはいけない」

「不況だ、会社が悪い、国が悪い、暑い、寒いと言っても仕方ない」

 

「まずは自分自身をなんとかしないといけない」と。

 

全てはそこから始まります。

 

判断や、自分自身の考え方の間違いを修正することから...

 

では現状にがんじがらめになっていて

途方に暮れているとするならどうすれば良いのでしょうか?

 

これらは次回お話しましょう...

 

まず、アナタにやっていただきたいこと。

 

今日のメルマガを読んで

「現状」というものについて改めて考えて欲しいのです。

 

「自分は今どんな収入なのか?」

 

「本当に望んでいたものなのか?」

 

これらについてしっかりと考えて欲しいのです。

 

ただ、読むだけではなく確実に日々の経営において

実践していただきたいのです。

 

そこには「愛」と「行動」で積み重なったもので

人生を楽しんで頂きたいのです。

 

あなたの人生が最高傑作となることを心から祈っています。

 

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月22日 09:23
2011.04.21
藤田誠司からのメッセージ2号

 

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

いつもありがとうございます。

 

 

いきなりですが質問です。

 

「沢山のお金を儲けて、豊かになるにはどうすれば良いのでしょうか?」

 

 

・・・この質問は

経営者なら考えることが一番多い質問だと思います。

 

 

これがわかれば苦労はしませんよね()

 

 

では再度質問です。

 

「アナタはこれまでの考え方を捨てて

 今から、成功への道をどうやって歩みだしますか?」

 

ほとんどの方が

「既に成功している人から学ぶ」と言うでしょう。

 

 

当然です。

 

 

壮大なビジョンを描きアイデアを生み出し

プランを組み立ててサクセスストーリーを歩み

数々の苦境や壁に立ち向かってきた方々...

 

その過程で成功への秘訣を産み落とした人から学ぶことでしょう。

 

 

インターネットが普及した世の中ですから

情報は至るところに転がっています。

 

 

簡単に手に入るでしょう。

 

 

ただ、気をつけて頂きたいのは

本当に優れた情報は簡単には手に入らないということ。

 

 

私自身、様々な経験から

時には直接成功者に会いに現地に飛んだりして生の情報を得ています。

 

 

「事実は小説よりも奇なり」という言葉があります。

 

 

これこそ実践すべき生の情報なのです。

 

 

「成功を手に入れることは実は簡単なこと」

 

と成功者たちは口を揃えて言います。

 

 

 

では究極の成功とは?

 

「良い人生を送る」ということです。

 

収入、経済的余裕、目標、夢の実現

家族、友人等、求めているもの全てが手に入ることでしょう。

 

人生で達成したいあらゆることから

それを達成するための戦略に至るまで

全てが良い人生を与えてくれること...

 

 

 

では成功する為の戦略とは?

 

 

 

 

これらは次回お話しましょう...

 

 

まず、アナタにやっていただきたいこと。

 

 

今日のメルマガを読んで

「成功」というものについて改めて考えて欲しいのです。

 

「自分が手に入れたいものは何か?」

 

「成功と呼べるものは何か?」

 

これらについてしっかりと考えて欲しいのです。

 

 

ただ、読むだけではなく確実に日々の経営において

実践していただきたいのです。

 

 

ただ、そこには「愛」と「行動」で積み重なったもので

人生を楽しんで頂きたいのです。

 

 

あなたの人生が最高傑作となることを心から祈っています。

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月21日 09:22
2011.04.20
藤田誠司からのメッセージ創刊号

 

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

いつもありがとうございます。

 

さて、今日は記念すべき創刊号...

 

 

HPのメルマガ配信のご案内に

「メルマガを読むだけで儲かる!」

などと大上段に構えてしまいました...

 

今後、具体的には実践できる儲かるヒントや

価値のあるネタをお届けしたいと思います。

 

 

人生で最大限のものを得たいと思う

全ての人に届けたいと思います。

 

このメールがアナタの成功への第一歩になることを心から希望します。

 

さて、様々な経営者の方々や

セミナー等に参加してわかった事があります。

 

勉強すればするほど

成功者には必ず成功哲学があるということ。

 

「なんだ?そんなこと言われなくてもわかっている!」

と言いたい気持ちもわかります。

 

 

 

では質問です。

 

アナタの現在の経営状況はどうでしょうか?

 

 

順調で右肩上がりなら良いのですが...

 

 

「どうやったら売れるだろう?」

 

 

「どうやれば儲かるだろう?」

 

 

既にアナタは数多くの学びをしたと思います。

 

今、現在、こう考えて頭を抱えているとすれば

もしかすると、これまでのやり方が

ベストとなっていなかったのかもしれません。

 

 

 

成功者は必ずある日、突然成功したのではなく

ある境目をきっかけに変化したのです。

 

共通する成功の秘訣とは・・・?

 

 

 

 

 

"考え方"と"心構え"を改善することに尽きます。

 

それと、その考え方を活かし

"お金を稼ぐエキスパート"として

アイデアを成果に変えていっています。

 

アナタは今後、このメルマガを通じて

成功者の考え方、心構えをマスターして貰い

お金を稼ぐエキスパートとして

経営者として成功して欲しいのです。

 

 

ただ、読むだけではなく確実に日々の経営において

実践していただきたいのです。

 

 

そこには「愛」と「行動」で積み重なったもので

人生を楽しんで頂きたいのです。

 

あなたの人生が最高傑作となることを心から祈っています。

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月20日 09:18