2011.04.28
藤田誠司からのメッセージ7号

『中小企業の用心棒』の藤田 誠司です。

 

 いつもありがとうございます。

 

私自身の経験から

どんな時も、人生を変えてしまうのは

 「出来事」や「逆境」や「困難」なのではなく

 「自分自身の決断」なのだと、改めて深く感じ

 リーダーが学ぶべき本質を感じとって参りました。

 

前回は虫歯と同じで今、治療をしなければ

後でとんでもなく高いものにつくとお伝えしました。

 

毎日歯磨きをすれば

虫歯の予防になったかもしれません。

 

でも、そんな些細なことを怠ったから

結果として虫歯になったのです。

 

 

どんなに些細なことからでもかまいません。

 

最初から大きな行動を起こす必要などありません。

 

何か小さな行動を起こすことから始めれば良いのです。

 

ただ、「○○だけは必ずやる」というルールを決めれば良いのです。

 

一度に全てのことを改革する必要はありません。

 

ただ始めるだけで良いのです。

 

ただ自分にこう言い聞かせてください。

 

「二度と元に戻らない!」と。

 

私のクライアントさんは

なぜ成果が出るのか?

 

言葉は失礼ですが

そんなに大したことはありません!

 

ですが小さなことをやっていたら

本当は手にすべきものを手放してしまっていただけなのです。

 

 

 

つまり「取り戻している」のです。

 

手にすべき報酬を...

 

でも、私との面談でビックリします。

 

「エッ!そんなこと出来るんですか?」と。

 

別に大改革を行う必要はありませんし

 

いくつかの簡単なことを繰り返しやっていただくだけです。

 

全員がこれを理解してからは目の色が違います。

 

 

「面白い!」と口を揃えて言います。

 

本当は手にすべきものを取り戻す...

 

 

今から1年後、あなたはこれまでの平凡な人間とは

とても似つかない人物になっているかもしれません。

 

その為には、自分に関するルールを決めるのです。

 

もちろん一晩で全ては変わりません。

 

ですが、考え方や哲学や行動を変えることでそれらは可能になります。

 

新しいルールを持って今すぐやってほしいのです。

 

起こした行動によって

「世の中が」報酬をくれるのです。

 

 

 

このあたりはまた次回にお伝えします。

 

 

藤田 誠司 | コメント(0) | 2011年4月28日 09:34

コメントする